FX初心者のためのレバレッジ計算

FXのレバレッジ計算

レバレッジ計算に必要な用語説明

 

FXのレバレッジは@入金した証拠金とA実際の取引金額で計算します。まずはFXのレバレッジ計算をするために必要な用語をご説明します。

 

@入金した証拠金とは
FX会社に入金した投資金は、全て証拠金という名称で扱われます。たとえば100万円を入金し、10万円を証拠金として取引に使うので、残りの90万円は余剰な投資金だと考えるFX投資家は多いのですが、これは間違いです。たとえ10万円のみ証拠金としてつかっても、FX会社に入金した額(ここでいうと100万円)ですべてが証拠金となり、レバレッジ計算に影響してきます。

 

A実際の取引金額とは
売買する外貨の丸代金をいいます。例えば1ドル100円のとき、ドル円を1万ドル買ったとします。この場合の実際の取引金額(丸代金)は1,000,000円です(1ドル100円×10,000ドル)。
レバレッジは実際の取引金額を証拠金額で割って計算する
FXのレバレッジの公式を覚えてください。では実際計算してみましょう。
まずあなたはFX会社に100万円を入金したとます。上記でご説明したとおり、その100万円すべてが証拠金です。そして1ドル100円の時、10万ドルを買ったとします。この時のレバレッジは10倍です。

 

1000万円(1ドル=100円のとき10万ドル買った場合の丸代金:100円×100,000ドル=1000万円)
入金した証拠金は100万円だから、1000万円÷100万円=レバレッジ10倍。

 

では100万円を入金して1ドル100円のとき1万ドル買ったとするとレバレッジは1倍です。2万ドル買えばレバレッジは2倍。3万ドル買えばレバレッジは3.3倍となります。このようにFXのレバレッジとはFX会社に入金した証拠金と実際の取引金額で計算できるものなのです。

 

FXのレバレッジとロスカットの関係

 

FXではロスカットというものがあります。その意味は損失をカットする。つまり損切りをするという意味です。FXは外国為替証拠金取引で、レバレッジ効果を利用し、為替レートの変動を利用し売買益を狙っていく取引です。またレバレッジが100倍、200倍のFX会社もあります。もちろん相場の急変動時にFX会社のロスカットレートが思わぬ為替レートで約定した場合は、元本以上の損失が発生する場合があります。レバレッジ計算をマスターし、証拠金とポジション管理を徹底し、FXをするようにしましょう。

FXの1000通貨に関して

FXは1000通貨から始めるべきです。1000通貨なら約1万円以下の証拠金から取引が可能。 最近では、手数料無料で狭いスプレッドで取引できるFX業者も多くなっています。 現在、DMMFXがスプレッド0銭サービスをやめてしまったため、スプレッドが0銭のFX業者はほとんどなくなっています。