通貨ぺア表示「EUR(ユーロ)」

通貨ぺア表示「EUR(ユーロ)」

EUR/JPY=ユーロ円としてFX投資家には絶大な人気を誇ります。ユーロ円はいつの日か基軸通貨である米ドルがからむ通貨ペアとして人気の米ドル円をしのぐ日がくるものと思われます。EUR/JPYはユーロ円の英表記です。
ユーロの為替レートの推移に関して

 

ユーロ円を英表記するとEUR/JPYとなります。米ドル円はUSD/JPYです。FXの通貨ペアは日本語表記と英表記される場合がありますのでしっかり、覚えておきましょう。おもに海外系の通貨ペアが多いsaxo系FX会社、GFT系FX会社はそのような表記になります。

 

ユーロ円は5年くらい前にはまだ誕生してまもない通貨ユーロ(EUR)が絡むこと、地域統合通貨であるがゆえ、経済指標のデータ解析が難しいことから、FX投資家の人気はいま一つでした。しかし、ユーロドルが1.60付近まで上昇すると一目脚光を浴び、2007年8月の米国サブプライム問題までは底堅く買われてきました。

 

しかし、現在のところ景気後退にるインフレ懸念の後退や利下げにより、ユーロは対ドルで売られてきています。やはりこれまでのユーロドルはバブルであったのでしょう。最近はユーロ円が他のクロス円の値動きをひっぱる傾向(相関関係)が高いため、FX投資家はみな、EUR/JPY(ユーロ/円)の為替レート動向に注目されているようです。今後もユーロ円には非常に注目です。

通貨としてのEUR

ここで通貨としてのEUR(ユーロ)をみてみましょう。ユーロとセントはそれぞれ 、¢ がその記号であるが、¢ はあまり使われず、たとえば 12¢ よりも 0.12 を使う傾向にある。 Euro と書いて、日本語では英語に倣ってユーロと発音するが、圏内では、言語によってさまざまに呼ばれている。おおざっぱにカタカナで近似するなら、フランス語やオランダ語ではウロ、ドイツ語ではオイロ、ギリシア語やロシア語ではエヴロ、その他の多くの言語ではエウロのような発音である。 Euro の曲用については言語により、また言語によっては状況による。たとえばイタリア語では通常男性名詞の語尾 -o を -i に置き換えることで複数形とするが、euro は無変化名詞扱いで、euri という形は存在していない。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 )