ユーロの参加国に関して

ユーロの参加国

2008年1月1日現在、公式にユーロに参加しているのは、オーストリア、ベルギー、キプロス、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロベニア、スペインの15か国である。これらの国々は、しばしばユーロ圏と称される。 将来的にユーロ導入を目指す国は、前段階としてERM-IIを導入することになる。2008年1月1日現在でERM-IIを導入しているのは、デンマーク、スロバキア、リトアニア、ラトビア、エストニアである。 EU加盟国ではイギリスとスウェーデン、デンマークは2007年現在もユーロを使用せず、自国のイギリス・ポンド、スウェーデン・クローナ、デンマーク・クローネを用いている。

 

上記3カ国については、ユーロ導入に対して保留権が認められている。ただしイギリスについては海外領土であるアクロティリおよびデケリアが2008年1月1日のキプロスのユーロ導入と同時にユーロへの切り替えを行っている。しかし、各国とも公式通貨でこそないものの、もともとユーロ圏に囲まれたスイスでは、空港などといった特別な場所ではなく、市中にユーロ硬貨が使用できる公衆電話やスーパーが登場するなど自国内でユーロによる取引が漸増傾向にある。デンマークのラスムセン首相は2007年11月22日、再びユーロ導入について国民投票を行う考えを示した。 これ以外のポーランド、チェコ、ハンガリー、ブルガリア、ルーマニアは将来的に無条件でユーロを導入する義務を負っている。これらの国はERM-II導入には至っていない。但し、ブルガリア・レフはユーロ導入以前からドイツマルクとの固定相場制を採用しており、ユーロ導入後もユーロとの間で為替レートは固定されている。

 

モナコ、サンマリノ、バチカンはユーロのメンバーとして公式に参加していないが、ユーロを通貨として使用している。これらの国々はユーロを使用するにあたり、EU参加国(モナコはフランス、その他はイタリア)と条約を結んでおり、欧州議会の承認も得ている。 アンドラは、以前はフランスとスペインの通貨を使用していた。現在はフランス、スペインと条約を結んで、通貨としてユーロを使用している。 モンテネグロとセルビアのコソボ自治州では、かつてドイツマルクを通貨として使用していたが、現在ではユーロを使用している。 [編集] ペッグしている通貨 ユーロと相場が固定されている通貨にはERM-IIを導入している通貨としてデンマーク・クローネ、スロバキア・コルナ、リトアニア・リタス、ラトビア・ラッツ、エストニア・クローンが、ERM-II未導入でユーロと連動している通貨としてブルガリア・レフがある。これ以外にフランスの海外準県・海外領土[2]で用いられるCFPフランがある。これらは全てEU加盟国の通貨である。

 

EUに加盟していない国や地域の通貨でユーロとの相場が固定されている通貨としてカーボベルデ・エスクード(カーボベルデ)、兌換マルク(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、CFAフラン(アフリカ14か国)がある。いずれもユーロ創設以前にユーロ参加国の通貨との固定相場を設定していた通貨である。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)